たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

明日はいよいよ、夏の大会メンバー20人の発表

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


母校野球部では、明日いよいよ、夏の大会ベンチ入りメンバー20人の発表です。


3年生は29人いるので、少なくとも9人は外れます。

1,2年生で戦力になる選手を含めて考えると、実際はそれ以上の3年生がベンチに入れないでしょう。


チームの代表に選ばれた20人には、外れた部員の想いを背負って必死にやってほしいんですが。



ぬるい。

特に、現時点でレギュラーが確定している3年生には、一緒に頑張ってきた同級生に応援してもらえるような言動を心がけてほしい。

全体練習中に、野球に関係のない話をして白い歯を見せている場合じゃないんですよ。

ポロポロとエラーを重ねているのに、舌を出してヘラヘラしている場合じゃないんですよ。


もし、自分がベンチにすら入れない立場だとして。

ダイヤモンドの中でプレーしている選手がだらしなかったらどう思う?

泥んこになりながらボールに食らいつかない姿勢を見て、胸糞悪くないのか?


「こんな奴らに実力で負けて、こんな奴らのことを暑い中スタンドで応援したくない」と感じるのが普通でしょ。



チームを代表して夏の大会に臨むんだから、メンバーを外れた3年生をはじめ、チームのみんなに歯がゆい思いをさせたらダメなんです。


「めちゃくちゃ悔しいけどあいつらに懸けるしかない。」

そう、仲間に心から応援してもらえる代表メンバーであってほしい。


それが「甲子園出場を目指す野球人」として求められる姿です。


夏の大会に臨むのは、単なる思い出づくりなのか?

仲良しこよしの野球で終わらせるのか?


当然そんなつもりはないと思うんだけど、20人のメンバーに選ばれた選手には気を引き締めてほしいと思います。