たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

初戦からヒヤリ【99th山形県大会】酒田南VS酒田東

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


今日は酒田南高校野球部の初陣でした。

結果から言うと、13対3の8回コールド勝ちです。

5回終了時点で4-3だったので、どうなることやらとヒヤヒヤしていましたけど、7,8回に畳み掛けることができて試合をモノにできました。

まあ、浮き足立ってしまいがちな夏の大会初戦にしては、危なげない試合運びができたんじゃないかな。


ただ、走塁ミスで取れる点が取れなかったり、キャッチボールミスでムダな点を献上してしまっているのは事実。

大差の勝利には見えるけど、多くの課題があらわになったので、チームとして「大切にすること」の再確認が必要ですね。

ミスをカバーする考え方

とはいえ、今年のチームに「ミスをなくすこと」を求めるのは違う気がするんですよね。

どうしても、ボクが現役の頃のチームと比べてしまうんだけど、当時と今とでは"監督の方針"が違います。


当時は守備練習をしない日はなくて、走塁の練習にも多く時間を取り、どちらかというと「堅実な野球」を目指していました。

今は、バッティング練習に最も多くの時間を使い「打ち勝つ野球」にこだわっています。

だから多少のミスや失点には神経質にならず、やられた分以上にやり返そうぜっていう考え方をもった方がいいんでしょうね。

初戦からガッツポーズ?

これも今昔の話になるんですけど。

今のチームは、初戦にもかかわらずガッツポーズするんですよ。

ボクからしたら「え?どこ目指してんの?」て感じなんですけど、彼らは甲子園の土を踏んだことがないので、仕方がないのかなと考えました。

具体的にいうと、「甲子園に行ってあたりまえだった当時」と「甲子園から5年遠ざかっている今」とでは、目指す目標は同じでも"目標までの距離感"が違うんですよね。

距離が遠い分、少しでも近づくと嬉しく感じるのかな。


スタンドの声援ばかりを気にしたパフォーマンスのガッツポーズだったら「なにしてんねん!」と言います。

だけど、一生懸命にプレーした結果、自然と出るガッツポーズなので、そっと見守ることを決めました。

最後に

次戦は18日(火)です。

空いた2日間で万全の準備をして臨みます。

次も勝ちます!



▼合わせて読みたい
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net