たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

BizcastってYoutuberに優しい会社なんだねえ

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


ずっと昔に登録したWantedlyという転職アプリ経由で、Bizcastの人事担当の方から「オフィスに遊びにこないかい?」と連絡をいただきました。

Bizcastは、企業とYoutuberをつなげて企業のプロモーションを行なったり、Youtuberの動画配信をサポートする会社です。

「どんくらいYoutuberから搾取しているんだろう?」「企業案件の単価ってどんなもんなんだろう?」などなど、いくつか素朴な疑問が浮かんだので、さっそく訪問してきました。


ちなみに、キャリアチェンジを考えている方はWantedlyに無料登録しておくことをオススメします。

▼関連記事
www.ka-ngo.net

自分のできること/やっていることや興味関心分野などをプロフィールに記入しておけば、企業さんから連絡をもらえることがありますよ。

BitStarについて

bitstar.tokyo

Bizcastは、チャンネル登録者数1,000人を超えたYoutuberが無料で登録することができる、『BitStar』というプラットフォームを運営しています。

そこに登録したYoutuberは、セルフプロデュースや動画の企画・編集などのサポートを受けることができたり、企業案件にアサインしてもらえたりします。


前々から、動画投稿って撮影より編集に何倍も頭と時間を使っていて、すっごく大変なんだろうなと感じていました。

子どもからすっかり人気になった「Youtuber」という職業も、華やかに見えて実は地味。

やってみないと感じられないそのギャップから、途中で挫折してしまう人が多いと思うんですけど、動画編集のプロフェッショナルとコンテンツ制作できるとなると、収益化できるYoutuberはグンと増えるんでしょうね。

Yotuberからどんくらい抜いてるの?

例えば、「ヒカキンさん」や「はじめしゃちょー」が所属するUUUMという会社では、サポートしてもらえる代わりに結構抜かれるってウワサがあるんです。

だけどBizcastは、Yotuberが動画再生回数に応じて得たアドセンス収入のうち、一銭も取らないんですって。

え、動画制作をサポートするのに?

なんてクリエイターに優しい会社なんだよ!


ただここで疑問が浮かび上がりますよね。

「じゃあBizcastは、一体どうやって儲けているの?」

企業案件でガッポリ

Yotuberが自身の動画で、依頼を受けた企業の商品・サービスを宣伝することがあります。

その対価として得られる報酬については、さすがにBizcastもマージンを取るみたいです。

でも、取るっていっても3割だけで、7割はYoutuberの収入になるっていうんだから驚き。


本当にそんなんで事業回せるのかよ!

ってハテナになるんですけど、答えはYes。


企業からの依頼電話は連日鳴り止まず、応えるのに必死という状況のようです。

しかも企業の広告予算はどこも多額で、ひと案件500万円なんてザラ。

それだけで150万円売り上げることになるんですもんね。

バ、バブルじゃねえか!

最後に

Youtubeは、もはや世間が認める巨大メディアです。

テレビを視聴する人の数は減る一方で、どんどんネットに流れています。

さすがにどこの企業もそれには気づいていて、SNSプロモーションに力を入れるようになってきました。


Youtubeは動画なので、視覚だけでなく聴覚にも訴求できる分、一歩抜きん出ているといっていいでしょう。


確実に世の中は変わってきましたねー。


「クリエイター第一優先」の考え方にとても共感したので、これからのBizcastをひっそり応援しようと思います。