たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

為末大さんが世界陸上で2度も銅メダルを獲ったワケ

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


本エントリでは、為末大さんの『諦める力』を読んで感じたことを共有したいと思います。


為末さんは、世界陸上で2度も銅メダルを獲得しているんです。

大きな活躍の要因は、ズバリ為末さんが高校時代に下した決断にあります。

為末大さんの紹介

そもそも為末さんを知らない人もいますよね?

以下、ウィキペディアからの抜粋です。

為末 大(ためすえ だい、1978年5月3日 - )は、広島市佐伯区出身の男子元陸上競技選手。400mハードル日本記録保持者で、現在はスポーツコメンテーター・タレント・指導者などで活動中。株式会社R.project取締役。

2001年世界陸上エドモントン大会・2005年世界陸上ヘルシンキ大会の男子400mハードルにおいて、世界陸上選手権の2大会で銅メダルを獲得。又オリンピックには、2000年シドニー・2004年アテネ・2008年北京と、3大会連続で出場した。身長170cm、体重66kg。

陸上界の超トップアスリートです。

スポーツ選手のセカンドキャリア問題がはびこる中、自分の手で第二の人生を切り拓き、競技引退後も多方面でご活躍されています。

手段を諦めることと目的を諦めることは違う

為末さんは、高校時代に陸上の花形種目である「100メートル走」から離れ、「400メートルハードル」で勝負していくことを決めました。

花形種目は競争率が高いし、何より「100メートル走は自分に向いていない」と判断したんです。


種目を変えたその姿は、一見諦めのような選択に見えます。

だけど為末さんは、「戦略的逃げ」と前向きに捉えていました。

競技種目は勝つための手段に過ぎなかったからです。


為末さんには、「走りで勝つ」という明確な目的がありました。

勝つその目的が果たせるのであれば、種目なんてなんだってよかったんです。

目的が明確だからこそ、こだわりを捨てることができた。


多くの人は、手段を諦めることに後ろ向きな考えをもっています。

きっと手段と目的が頭の中でごちゃこちゃになっているはず。


例えばほら、どの会社にも「とりあえず3年論」を唱えている人がいるでしょ。

そういう人って、働くことが目的化してしまっているんじゃないかな。


「働く」は手段です。

働くことで、なりたい自分に近づいたり、やりたいことの実現につなげていくんでしょ。


しばらく働いてみて違うなと感じたら、最初の3年にとらわれることなく手段(会社や職種)を変えればいいんですよ。

職業は手段であるという良い例

京都大学iPS細胞研究所所長の山中伸弥さんは、整形外科医として働きはじめました。

だけど、毎日先輩に怒鳴られるくらい仕事ができなくて、全く向いていなかったんですって。


他の理由も重なって退職した後は、大阪市立大学大学院医学研究科に入学し2012年にノーベル生理学・医学賞を受賞。

整形外科医になるという目的ではなく、病気に苦しんでいる患者さんを治したいという使命感があったからこそできたことなんです。

最後に

特にアスリートは、もっと競技に打ち込む本質的な目的を明確にするべきです。

サッカーを通して何がしたいのか。

何のために野球に打ち込んでいるのか。

答えは自分の欲求にあります。


欲求に触れることができれば、競技引退後も別の手段を使って満たせばいいんですから。


諦める力』は、自分の人生の道筋を明らかにしていく上で大きなヒントになり得る名著です。

ぜひ手にとってみてください。



▼合わせて読みたい
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net