たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

泊まれる本屋BOOK AND BED(池袋)を利用してみた感想

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、本を読みながら寝落ちする癖のある完伍(@kangohayashi)です!


突然ですが、本に囲まれて眠ってみたくないですか?

なんなら本棚で寝たくないですか?

本好きにはわかるでしょこの気持ち。


そんなブックワームたちに朗報。


東京の池袋に泊まれる本屋さんがあるんです!(2015年秋オープン)


※ちなみに、ブックワーム(bookworm)は「いつも本にかじりついている読書家」の愛称ね。
身近にそんな人がいたら「you are the bookworm!」と叫んでみましょう。


泊まれる本屋に興味をもつ人でも、いざ泊まるとなったら心配なことありますよね?

  • 部屋は狭くないのかな?
  • ぐっすり眠れるのかな?
  • 男女一緒って怖くない?


本エントリではそのような疑問点を解消していきたいと思います。

BOOK AND BED(池袋)とは?

f:id:kangon:20170221122005j:plain


一言でいうと「寝落ちを提供する場」です。

本を売る本屋さんではありません。


寝る直前まで好きなことをして、意図せずまぶたが落ちていく瞬間って最高じゃないですか?

BOOK AND BEDは、寝る瞬間に至福の体験を提供してくれる本をテーマにしたホステルです。

BOOK AND BED(池袋)の良いところ

f:id:kangon:20170221122038j:plain

落ち着きある大人の空間

すごく落ち着いた大人の空間が広がっています。

漫画喫茶みたいに、いちゃつく高校生カップルはまずいません。

スタバみたいに「ペチャクチャ喋ってるやつ全員マクド行け」とはなりません。

本を読むための空間がそこにはあります!

耳栓が無料配布される

部屋一つひとつがぎゅっとなっていますから、隣の音が良く聞こえるんですよ。

自分が寝る前にイビキでもかかれたらたまったもんじゃないですよね。


大丈夫、耳栓があれば心配無用です。

500円でエコバックがもらえる

f:id:kangon:20170221113325j:plain


宿泊料金とは別にシャワーパッケージ(税込540円)が利用できます。

バスタオルは返却だけど、それ以外のモノは持ち帰り可能。


エコバックは、旅の荷物の小分けとかちょっとスーパーに出かけるって時に使えそうですよね。

シンプルで可愛らしいデザインなのでオススメです!

BOOK AND BED(池袋)の残念なところ

個人的には行って良かったんですけど、さすがに完璧ではなかったです。


f:id:kangon:20170221103200j:plain


二段ベッドの上段は外れでした


ボクが泊まったのは「BUNKのCONPACTタイプ」の部屋でした。

部屋のスペースは特に問題ないんだけど、はしごが鉄臭くて。

しかも結構上がりにくくて危険。

通路がかなり狭かったので、女性の方には別のタイプの部屋をオススメします。

BUNKではなくBOOK SHELFの部屋だと、はしごは木材なので安心です。

(とはいえ人気なので、割と予約が先まで埋まっている)

BOOK AND BED(池袋)の行き方

ホームページ上では「池袋駅C8出口徒歩30秒」と記載があるんですけど、JRを利用する人はよくわかんないですよね。

以下JR利用者の道筋です。


f:id:kangon:20170221112502j:plain

まずは「中央1改札」を目指し、出てすぐ左の西口方面を目指します。


f:id:kangon:20170221112706j:plain

するとビックカメラが見えるので、そのままエスカレーターに乗らず視線を左に。


f:id:kangon:20170221112724p:plain
わかりにくいですけど8の文字が。これが「C8出口」です。


f:id:kangon:20170221112803j:plain
「C8」の階段を上ると博多満月や三井住友銀行を目印に直進。


f:id:kangon:20170221112848j:plain
スタバを通り過ぎて


f:id:kangon:20170221112903j:plain
隣のビルがBOOK AND BED(池袋)です。

最後に

満喫みたいにカップラーメンとかスナックとかそんなのは売っていないです。

どうしても欲しい人は近くのコンビニに行きましょう。

24時間出入りできますが、周囲の人への配慮を忘れず大きな物音を立てないように。


非日常的で特別な空間をぜひ一度体験してみてください。

(京都と福岡にもあるってよ!)


予約はこちらから:BOOK AND BED TOKYO