たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

最近の新入社員って定時で上がる俺カッコイイと思ってるの?

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


今日は、この4月から働きはじめた新入社員のうち「どうせ働くなら成果を出したい」と考えるあなたに、仕事への向き合い方について一つだけお伝えしたいことがあります。


人より考えて、人より動きましょう。

甘っちょろい考えもってたらあきまへんで。

量は質をも凌駕する

とにかく量をこなしてください。

とことん仕事と向き合うんですよ。


え? 長時間労働撲滅?

いやいや、よく考えてみましょ。


過労死って労働時間の長さが一番の原因なんですか?


確かに原因の一つではあるでしょう。

でもボクは、「やりたくない仕事から逃れられないストレス」が引き起こすものだと考えています。


長時間労働が根本的な原因なら、甲子園に出るような強豪校の球児たちは全滅しています。


基礎を身につけるためには、数をこなす道は避けて通れません。

「ボクは生産性の向上を突きつめます、残業なんてしませーん!」と声高らかに宣言し、ろくなアウトプットができない新人は痛いでしょ?

うわべだけの知識ばかり身につけて頭でっかちになるんじゃなくて、インプットの3倍アウトプットしましょう。

先輩の仕事をどんどん奪えばいいんですよ。

高い生産性なんてのは、遠回りしながらたどり着くものですから。


ただもちろん、量だけこなせばいいってわけじゃなくて。

一つ一つの業務に対して取り組む目的を考えてください。

▼関連記事
www.ka-ngo.net

頭を使いながら仕事しないと、なかなか実力は上がりませんよ。

最後に

同期から一歩抜きん出たいのなら、実行することは至ってシンプル。

人より多く考えて、人より多く行動する。

これだけです。


周りの先輩に迷惑をかけるほど自業務を終えていないのに、すまし顔で定時帰宅するのはどうかと。

生産性うんぬんを語る前に、自分の生産量が評価に値するか客観視しましょうね。



▼合わせて読みたい
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net