たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

大企業の若手社員へ。出世したいなら今から教える3つのことを実践しろ

スポンサーリンク
シェアする

f:id:kangon:20170130003840j:plain


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


一般企業に就職しサラリーマン人生をひた走る若手社員に朗報です。

(この4月に入社予定の学生さんも注目)


出世するための3つのポイントを解説します。


ボクは、複数の職場先輩から「こんなにデキる3年目の若手社員は見たことがない」とか「お前はうちの会社で化ける」など非常にありがたい言葉をかけていただいています。


でも、決して頭の回転が速いわけでもビジネスセンスがあるわけでもありません。

一流大学出身でもないですし、大学を卒業するまでは本当に野球一色の人生だったので、どちらかというと視野が狭く世間知らずの部類です。

それでも周囲から高評価を得られているのにはそれなりの理由があって。


まもなく「入社3年目」に終止符を打つことになるので、周囲の評価に直結している普段からの心がけについてまとめていきたいと思います。


将来的に社長を目指すゆとり世代の珍種に響く文章になれば嬉しいです。

目的意識をもつ

新入社員研修で耳にタコができるほど聞く言葉です。

結局これがすごく大切なんですよね。


みなさんは、一つ一つの業務の目的を考えることなく先輩の言われた通りに「こなす」作業になっていませんか?


確かに入社したての頃は、右も左も分からない状態で業務を回さないといけないのでついつい流れ作業になってしまいがちです。

でもそこで歯を食いしばって、時間をかけてでも必ず目的を確認するべきです。

  • なぜその仕事を自分がやるのか?
  • なぜあの人がこの情報を欲しがっているのか?
  • なぜ上司はこのタイミングで声をかけてくれたのか?


すべての人の行動には裏づけがあります。


それを理解して初めて一人称で仕事ができるようになるのです。

ただ言われたことをそのまま実践しているだけでは、いつまでたっても仕事の本質を理解することはできません。

仕事の本質が理解できていないと、突発的なトラブルやイレギュラーへの臨機応変の対応ができないのです。


つべこべ言わず、とっとと一人称で仕事ができるようになってください。

それが出世街道へのファーストステップです。

報連相の徹底

一人称で仕事ができるようになったとしても、上司とあなたとの信頼関係はまだまだ築けていません。

上司はあなたがちゃんと業務遂行できているか気がかりで仕方ないのです。


細かすぎるくらい報連相してください。


こんな些細なことも報告がいるのかな? と感じるようなことでも、とにかく頻繁に進捗報告しましょう。

こんなこと聞いていいのかな? と考えている暇があったら相談してください。


一番ダメなのは、上司から「あれどうなってる?」と質問されることです。

質問されるということは心配されているということですから。


うざいくらい報告を入れることで上司に安心してもらいましょう。

どうしても報告を忘れがちな人にオススメなのが、先に報告をする時間を決めてしまうことです。

あらかじめ期限を決めてスケジュール感をもって仕事に取り組めば、上司との円滑なコミュニケーションが実現できます。

一見地味に見える取り組みですが塵も積もれば山となるですよ。


自分が上司だったら、部下がどのように振舞ってくれれば信頼できますか?

そこに大きなヒントが隠れているので自分の頭で考えてください。


あと、肝に銘じてほしいのは「悪い報告は素早く!」ということ。

早ければ早いほどリカバリーが効きますから。

怒られるのが怖いと思って後回しにしてしまうと、傷口が広がり取り返しのつかないことになります。


信頼を失墜させることになりかねないので、くれぐれも気をつけて下さい。

背伸びする

さてさて、上司と信頼関係を築くことができればどんどん大きな仕事を任せてもらえるようになるでしょう。

ここで、出世する人はとにかく手を挙げます。

多少背伸びしてもいいんです。

巡ってきたチャンスはあなたの日々の頑張りの結果ですから。


大企業に勤めていると、どうしても保守的に行動しがちです。

減点評価の考え方は捨てて加点評価を狙いましょう!

失敗してもいいから、目の前の大きなプロジェクトに後先考えず飛びついてしまう思い切りの良さが大切です。


仕事なんて一人でできっこないんですから周りの先輩がサポートしてくれます。

仮に失敗しても、それは上司の責任ですから。


積極的に仕事に取り組む姿勢は必ず誰かが見てくれています。

そりゃあ、うまくいかないこともたくさんありますよ。

そこで折れることは誰にでもできますが、出世する人はどんなことがあってもめげません。


自分で手に入れたチャンスをものにしていきましょう!

最後に

最初の3年間で出世のレールに乗る3つのポイントをまとめますね。

  • 目的意識をもつ
  • 報連相の徹底
  • 背伸びする


ぜひ実践し、社長目指して頑張ってください。


キミならできる!!!


最後までお付き合いいただきありがとうございました。



▼関連記事
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net