たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

【プレゼン対策】あがり症を克服!人前で緊張しない3つの方法。

スポンサーリンク
シェアする

f:id:kangon:20170104141718j:plain


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


今日は、大事なプレゼンを目の前にいつも緊張してしまう方が、自分の力を発揮できるようになるための3つの方法をお伝えしたいと思います。


ボクは、たった3つのことを実践してきただけで高校時代には大舞台甲子園で堂々とプレーすることができました。

また一般企業に就職してからも、お客様への大切なプレゼンや所属部署内(200名規模)での朝礼での呼びかけ等を楽しむことができています。


知れば誰でも実践できるようなことなので、本エントリでご覧いただいた内容をぜひ実生活で試してみてください。


万全の準備をする

本番での緊張は、主に不安な気持ちが原因です。

失敗したらどうしようと恐怖に陥っています。


ボクはその気持ちがすごくわかります。

関わってくれている人がたくさんいればいる程、期待に応えないといけないとプレッシャーに感じ、失敗して迷惑をかけてしまうかもしれないと最悪のケースを想像してしまうものです。


この不安感や恐怖心が芽生える原因は、端的に言うと自信がないからです。

自信をもつためには、「これで失敗したら仕方がない」と思えるくらい準備をすることが大切です。

ここでいう準備は、特に精神的な準備を指します。

たいていの人は物理的準備を怠りません。

日本人はみんな真面目ですからね。

プレゼン資料を何度も練り直したり、発表の仕方を工夫したり、想定Q&Aをいろんな角度から考えたり。


それに加えてほしいのが、多くの人に欠如している精神的な準備です。

やることは単純で、毎日夜寝る前に成功イメージを創るだけ。

大勢の前で堂々と発表し、オーディエンスから大きな拍手を受けて大成功を収めている。


そんな理想をイメージし、その理想イメージを表現している自分を毎日想像するのです。


人は成功イメージをもつことで、自信のないようなことでもできる気がしてきます。

この勘違いが信じる力を強くします。


結局、自信をもつことに能力的根拠なんかは必要ないんですから、いかに自分のことを信じられる精神状況を創るかが大切です。


感謝する

ボクは高校時代に学校の先生に金言をもらいました。


それは「プレッシャーがかかるような重要な局面に立たされた時こそ、その痺れる場面を味わうことができている理由を考えなさい。そして、そこに辿り着くまでに力を貸してくれたみなさんに感謝の気持ちをもちなさい。必ずうまくいくから。」という言葉でした。

この言葉をきっかけに、ここぞという場面に立たされた時はいつも冷静に乗り越えることができるようになりました。


本番前は、どうしても色々なことを考えて焦りを感じます。

我に帰る意味でも、その局面で「ありがとうの気持ちをもつ時間」を創ることで落ち着けるようになるんです。


大きなプロジェクトに関する幹部向けのプレゼンを控えている場合は、そのプロジェクトに携わってくれたみなさんがいなければその日を迎えることはありません。

大手企業にありがちな、若手社員育成プログラムの一環として存在する課題発表会に臨むにあたって、相談に乗ってくれた直属の上司や周囲の先輩方がいるでしょう。


今あなたの目の前にあるプレッシャーは当たり前に感じられるものではありません。

大きなプレゼンであればあるほど、それだけたくさんの人が味わいたくても味わえなかった緊張感です。


そう思うと、緊張している自分がバカらしくなってきませんか?

当たり前を有り難いと捉え感謝の気持ちをもつことができれば、どんな場面でも心の冷静さを保つことができます。


謙虚な心をもつ

みなさん大切なことに気づいていないです。

人間は失敗する生き物だということを。

失敗を恐れて震えている人は、まさか自分は失敗しない人間だと思っているのですか?


それは傲慢です。

完全に自分の能力を過信しています。


どんな偉人たちでも、成功の裏に隠れた失敗経験を持っています。

大きな成功を収めている人は、その分たくさんの失敗を繰り返しているのです。


メジャーリーガーのイチロー選手が通算3,000本安打を達成した時に「3,000本のヒットを積み重ねるまでに9,000回以上打席に立ち、6,000回以上失敗してきた」とお話しされていました。


良い意味で開き直っていて、失敗の積み重ねが成功につながるということを表現されていますよね。

そもそも失敗を失敗と捉えていないでしょう。


プレゼンを目前に、「失敗したらどうしよう」と手に汗握っている人はどうそ失敗してください。

失敗しても命をとられることはありません。


謙虚な心を忘れず自身の無力さを認めてあげることで、目先の失敗にとらわれない長期的視点をもちましょう。


最後に

今日お伝えしたかったことをまとめます。

  • 万全の準備をすることで自信を持つことができる
  • 感謝することで冷静になれる
  • 謙虚な心をもつことで失敗して当たり前と思える

自信を持ち冷静になり、失敗したって当たり前と思えるようになったあなたはもう人前で緊張することはありません。


素敵に無敵状態です!!!


3つの方法は誰にでも実践できるようなことです。

是非一度試してみてください。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。



▼関連記事
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net