たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

藤原学園実験教育研究所のブログに掲載いただいた話

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi )です!


この週末、中学時代にお世話になっていた塾(研究所)の同窓会が開かれました。

今日初めて知ったんだけど、塾長さんがボクの記事を読んで感じたことを研究所のブログに綴ってくれていたみたいで。


fg1956.blog.fc2.com


発信の意義

ボクの記事を読んでくだらないと感じる人もいるだろうし、もしかしたら気分を害する人もいるかもしれない。

ただこうして、一人でも前向きに捉えてくれる人がいる限り発信を続けていきたいと思います。


基本的に、もともとボクのことを知ってくださっている方は温かい目で見守ってくれています。

ただボクは、自分の声が届く範囲をどんどん広げていきたいので。

「何かに一生懸命取り組む自分の姿が人の目に止まり、


頑張っている誰かのエンジンになる。


そして誰かの加速したその姿がボクの励みになり、


さらに前へと進む勇気になる。」


どこか遠くの知らない人までをも巻き込んで、このサイクルを体現していきたいんですよね。

研究所について

藤原学園実験教育研究所は、非常にユニークな学び舎です。

文字通り実験教育に力を入れていて、カエルの解剖などの興味深い実験を通して楽しく学べる環境がそこにはあります。


f:id:kangon:20170305234226j:plain


こんな実験が経験できる小・中学生向けの塾はなかなかないんじゃないかな。

もちろん理科だけでなく、5教科すべてにおいて手厚くサポートしてくれます。


なにより塾長の真也先生はとても魅力的な方です。

普通の塾では学べない、勉強よりもっと大切なことを知る機会が溢れています。

10年経った今でも、久しぶりにお会いして話を伺っていると新しい気づきがありますから。


いつの日か子どもを授かって大阪に住むことがあったら、真也先生にお世話になるんだろうな。


先生長生きしてや^^