たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

ヒッチハイクきちい。横浜に間一髪ヘッドスライディング!

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


21日(月)の朝に実家を出てから、なんとか野宿せず横浜の友人宅に着きました。

かなりキツかったです。

はじめの一歩で大苦戦

午前10時ころから、地元の下道でヒッチハイクをはじめました。

長距離トラックの運転手が立ち寄る、高速道路乗り口近くの休憩所で声をかけていたんですけど、まったく乗せてもらえず。

根負けして小一時間で退散しました。


次に、コンビニへ移動してお願いを繰り返すもすべて失敗。

歩いて場所を変えても結果は同じで、気がつくと時計は15時を過ぎていました。


さすがにこのままではマズいと感じ作戦変更。

高速道路の乗り口手前に移動してホワイトボード(画用紙)を掲げてみる。


「高速道路に乗せてください」


行き先はどこでもいいから、まずは高速に乗りたい意思表示を。

走ってきた車が停車できるスペースがあったので、ここだったら止まってもらえる可能性があります。(はじめからこうしてりゃ良かった)


過去のヒッチハイクでこの"王道スタイル"を試したことなかったんですよ。

山形県に滞在していたころ、酒田市から山形市に移動したい日があって、一度だけ下道ヒッチハイクを試みた時も、コンビニでの声かけで成功しました。

声をかけると比較的すぐに乗せてもらえていたことから、「ボードを掲げて待つ王道のやり方」をあまり信用していなかったんですよね。


ところがどっこい、やってみたら15分で成功したじゃないか!

大苦戦から一転、驚異の巻き返し

めちゃくちゃ気前のいいオッチャンに拾われ、「吹田IC」という大きなインターチェンジに連れていってもらいました。

今やっていることやその背景を説明していると、「お前アホちゃう???」と15回くらい盛大にツッコまれたけど、ド直球に感情表現するオッチャンの生き方にむしろ好感をもちました。

コーヒーまで奢ってくれてありがとう、オッチャン。


吹田ICに着いてからは早かったです。

浜松行きのオジサンと出会い、大阪から静岡まで一気に進みました。


道中はオジサンが好きな釣りの話で大盛り上がり、とはいかず。

ボク釣り嫌いでゴメンやで。

リタイア後の全国釣りツアー実現させてください!

奇跡のゴール in 横浜

浜名湖ICに着いたのが20時半ころ。

休憩がてらSHOWROOMで配信し、21時ころからヒッチハイクを再開しました。


世間は夏休みなので、この時間でも行楽帰りの家族連れが行き来しています。

なんとしてでも野宿を避けたいボクは、横浜ナンバーに完全ロックオン。

最後の力を振り絞って、歩き回りながら声をかけ続けます。


そしてついに、京都に里帰りしていた横浜市民の方々とお話できるチャンスが!

事情を説明すると快諾してくださり、車内ぎゅうぎゅう詰めになりながらボクを助手席に誘導してくれました。(オマエどこ座ってんねん)

浜名湖ICで野宿の地獄絵図完成間近だったので、死ぬほど嬉しかった!


車内で会話を楽しんでいると気がつけば海老名IC。

10分ほど小休憩し24時半ころ横浜市内に到着。

なんと、友人宅のすぐ近くまで送ってくださいました。


本当にありがとうございました!

反省&悩み

ヒッチハイクに必死すぎて全然写真撮れていない。

乗せてくれた方と記念写真撮りたいんだけど、夜は暗いから顔映らない。

さいごに

さっそく、22日(火)に武相高校を訪問しました。

その件は別記事にて。