たびろぐ-Life is Art

GO GO KANGO

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

大阪のオッチャンに乗せてもろたら目的地まで6時間運転させられた話

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


昨日、千葉県の某高校を訪ねて事務員の方に手紙を渡した後、用賀IC近くまで電車で移動し、大阪までのヒッチハイクにチャレンジしました。

東京から西日本を目指すヒッチハイカーにとっては、用賀IC乗り口近くのマクドナルドが絶好のヒッチハイクポイントなんです。

冷たくて強い風が吹く中、30分ほどスケッチブックを掲げていると一人の男性の方が止まってくれました。


まずは神奈川県の海老名までいけたらいいなと思っていたんですけど、どうやら大阪に帰るみたいで、なんと実家まで送っていただくことに!

東京大阪間のヒッチハイクで、スタートから目的地までズドーンと進むことができるヒッチハイクなんてあり得るの?

びっくりたまげた、運が良すぎ。

あれ、ぼくが運転?

静岡県の足柄SAでトイレ休憩をしていた時です。

「免許もってる?」

不意にこんな質問が飛んできました。

「ハイ。」と答えると、「運転してみるか?」と言うのです。

出会って間もない若者に、よく運転を任せるなと思いません?

それには理由があるんです。


実はオッチャンの車、「半自動運転」なんですよ!

ハンドルを握ること以外に、ドライバーがやることはありません。

前の車との車間距離をセンサーで感知して、加速減速を自動でしてくれます。

f:id:kangon:20171122201610j:plain

つまり、アクセルやブレーキを踏む必要がないのです。

トンネルに入ったり日が暮れたりすると、勝手にライトが点きます。

雨が降りはじめると、空気を読んでワイパーが働きます。


とはいえ、最初は怖くて、自分でブレーキを踏んでしまうことがありました。

ただそうすると、自動運転モードがOFFになっちゃうんですよね。


でも、慣れればなんてことなくて、本当にアクセルやブレーキを踏む必要はなかったです。

下り坂やカーブに差し掛かったらそれを感知して減速するんですよ、優秀すぎる。

自動運転を一気に身近に感じることができましたね。


ハンドル操作だけだと全然疲れなくて、結局そのまま実家までボクが運転し続けました。笑

唯一のデメリットは、運転がマジで暇なので、眠たくなって注意力が散漫になることくらいかな。

さいごに

オッチャンとの出会いのおかげで、昼の14時半に出発したにもかかわらず20時くらいに着きました。

ありがとう!


大阪に滞在中は、11月26日(日)に開催される渋谷ライブの集客に時間を割きたいと思います。

▼関連記事
www.ka-ngo.net


SHOWROOMの生配信で、ひたすらプレゼンしながら歌いまくります!

あと4人は集客したい!がんばる!

クラウドファンディングを立ち上げました

本プロジェクトを精一杯やり切るために、ファンクラブ型(月額課金制)のクラウドファンディングをはじめました。

ボクの思いに共感してくださった方は、ぜひお力を貸してください!


▼プロジェクトページはコチラ
camp-fire.jp