たびろぐ-Life is Art

GO GO KANGO

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

山形県酒田市から宮城県仙台市へ!道中で奇跡の再会!

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


山形県酒田市に到着後、3日間に渡って梨の収穫をお手伝いしていました。(と言っても大した戦力になれなかった)

酒田の"刈屋梨"と言えば、全国的に有名なブランド「幸水」ばかりが目立っていますけど、どっこい、「秀玉(しゅうぎょく)」や「南水」「豊水」など、どれもみずみずしくて、メチャクチャ美味しいんです。

県外からも、たくさんの人がわざわざ買いに来てくれるらしく、その人気は収穫量が需要に間に合っていないほど。

当ブログで刈屋梨の存在を知った方は、ぜひネットで注文してみてください。(幸水の販売は終了しているハズ)


さて、次にボクが向かうのは宮城県仙台市です。

山形県民は愛にあふれている


酒田市の国道7号線沿いにあるセブンイレブンをスタートに、ヒッチハイクで仙台市を目指します。

なんと、わずか5分ほどで、目が合ったオジサンに余目のコンビニまで乗せてもらえることに。

ラーメン屋を2店舗経営されていて、「思考は現実化するからガンバレ」と背中を押してくれたり、「恩は回り回って返ってくる」とお小遣いをくれたり、メチャクチャかっこいい方でした。

ありがとう!


余目のコンビニでは、女性の方に拾ってもらいました。

ボクの思い描いている未来や、これまでの日本一周のエピソードを楽しそうに聞いてくれて、すごく気分が晴れやかになりました。

道中でコーヒーとパンを買ってもらい(優しい!)、新庄市のコンビニで降車。

ありがとう!


ここまでの所要時間は1時間半ほど。

日本海側の酒田市から60kmほど仙台方面に進んだことになります。


※実際の経路とは異なる


小休止がてら、コンビニの駐車場で買ってもらったパンをがっついていたら、目の前に1台の車が止まりました。

運転席から、何やら女性がボクに向かって話しかけてくれています。

なんと、ボクが用意していた「仙台方面」のボードを見て、途中まで送ってくれるというのです!

これはまさしく逆ヒッチハイク。

え、こんなことあるの?


どうやらボードは、走行車に止まってもらうためだけに使うんじゃなくて、ヒッチハイク中は常備していた方がいいみたいですね。

ヒッチハイカーとして認知されれば「思わぬ形で先に進むことがある」と身をもって経験しました。


それにしても、今日は女性によく乗せてもらえるなあ。


東根市の48号線(仙台方面に向かう車が多い)の手前にある物産展まで送ってもらい、またしてもお小遣いをもらいました。(嬉しい!)


乗せてくださったこの女性、目に見えないものを感じる能力があるんですって。(す、すぴりちゅある)

「キミは人の上に立った方がチカラを発揮する」とか「これまで通りポジティブシンキングで自分を信じながら活動を続ければ上手くいくよ」と前向きな言葉をいただいたので、ありがたく鵜呑みにしてボチボチやっていきたいと思います。

ありがとう!


いくら山形県民が優しいと言えど、冷静に振り返って、今日は良いことがありすぎてオカシイ。

大きな不幸の前触れなんじゃないか、なんて考えていた矢先に、奇跡が起こりました。

奇跡の再会

東根市にある物産展で降車後、仙台市までラストスパートだと意気込んですぐに声かけをはじめました。

1組目に断られたあと、次にお声がけする方を探していたら、なんと、こないだ東京から山形に向かっていた際に埼玉県の蓮田SAから羽生SAまで乗せてくれたカップルと再会!

長期休暇で旅行を楽しんでいるとは聞いていたものの、なんでここにいるんだ!

奇跡だ!ミラクルだ!

しかもこれから仙台に向かうだなんて!

乗せてくれ!

乗せてくれた!

なんて日だ!

仙台に到着

今日もたくさんの方のあたたかさに触れ、無事、目的地の仙台までたどり着くことができました。

時刻は15時。所要時間は4時間ほど。

最近の旅は本当に苦労していたので、今回のヒッチハイクは驚くほど順調であっけなく終わりました。


さてと、明日からまた学校訪問です。

アポなしだけど、なんとかなる、する!



▼合わせて読みたい
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net