たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

ミレニアル世代にとっての成人年齢は40歳でいいじゃないか

スポンサーリンク
シェアする

f:id:kangon:20170301191059j:plain
引用元


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


まずはじめに、ミレニアル世代ってなに?って人は以下の記事に目を通してみてください。

「"ミレニアル世代"は世界を変えるのか」


大学を卒業するとせーので会社に入り、なんとなく「大人になるってこういうことか」と金晩の居酒屋で浸る。

会社員だったら一度は訪れる瞬間でしょう。


今の日本って、大人になっても夢を追いかけ続けると批判されてしまう、まさに出る杭は打たれる状態です。


いい大人がいつまで夢を見てるんだ

経済的に安定することで親孝行しろ

働くことで大人としての責任を果たせ


周囲から批判されてまで夢を追い続けるなんて、なかなかできることじゃないですよね。


だったらさ、せめて20代は子どもと見なせばいいんじゃないの?

そしたら、学校を卒業してもなお夢を追い続ける人に対して「大人のくせに」ってとやかく言う人がいなくなるんじゃないかな。

江戸時代の成人年齢と平均寿命

今の法律では、20歳になるといきなり子どもから大人に変わります。

なんの前触れもなく、そう。


しかし江戸時代は、14〜15歳から成人として扱われ、平均寿命が30〜40歳だったと言われています。

そっか、昔は平均寿命が短かったから早く大人になる必要があったんですね。


なるほどガッテン。

伸び続ける平均寿命

明治時代に成人年齢が20歳まで引き上げられ、それから長い年月を経て人びとの平均寿命は伸び続けていますよね。


現時点で、日本人の平均寿命は85歳くらいです。

しかし医療やテクノロジーの発達により、ボクたちミレニアル世代が当たり前のように90〜100歳まで生きられる未来がすぐそこまできています。

そうすると、人生設計を大きく見直す必要があって。

だって、90〜100歳まで生きることを前提に生きていく必要があるんですから。


これまでは、80歳から逆算して人生設計をしていました。

20歳で大人になり大学を出たら会社で働く。

30歳頃には結婚して子どもが生まれ、40歳で家を買う。

60歳以降は、定年まで勤め上げた会社の退職金で余生を謳歌する。

だいたいこんな感じじゃないですかね。


だけどこれだと、80歳以降の時間をもて余すんじゃない?

成人年齢を40歳まで引き上げよう

ボクたちが生きる時代は、100歳から逆算して人生設計をした方が賢明でしょう。

そう考えるとね、20代・30代なんてまだまだ子どもでよくないですか?


もうね、大学を卒業したらせーので会社に入る必要なんてないんです。

自分の夢が、会社に入ることで実現に近づくのであればいいんですよ。

だけど、だいたいの人には当てはまらないんじゃないかな。


ちなみにボクがいう夢は、ドラゴンボールの神龍が現れた時に叶えて欲しいと願う内容ですからね。

みんな大人になると現実主義になって、いつのまにか夢がスケールダウンしますから。


繰り返すけど、ボクらはまだまだ夢を追い続けたっていいんですよ。

100歳まで生きるんだからさ、20代なんて助走期間だよ!


なんとなく社会が決めたレールにすっかり乗っちゃって、もう遅いかなと悩んでいるそこのキミ。

人生これからだぞ!



▼あわせて読んでほしい
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net