たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

【宣言】クラウドファンディングを使って日本一周を実現します!

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


ボクは今年の5月から、1年かけて無銭で全国の野球強豪校を回る日本一周の旅をはじめました。


▼関連記事
www.ka-ngo.net


大阪からヒッチハイクで山形まで向かい、酒田南高校に到着。

それから夏の大会で負けるまでの約2ヶ月半、練習のお手伝いをしながら教育現場の現状をこの目で確かめてきました。

幸いにも、1校目は母校だったため、滞在期間中の衣食住に困ることはなく不自由のない生活を送ることができました。


ただ冷静に考えると、今後旅を続けていく中で問題なく食べものにありつけるのか、寝床を確保し衣類の洗濯はできるのか、など常に不安がつきまといます。

同時並行の歌手活動に支障をきたす可能性が極めて高い旅になることは、間違いなしです。

次の日の寝床が決まっていなくて、食べ物にありつけないスリリングな旅も魅力的ではあるんですけど、ボクが最優先にするべきことは、この日本一周プロジェクトをより高い質で遂行することと、ノビノビと歌手活動を続けることです。


手元の貯金では、向こう1年の税金と通信費を払うだけで精一杯。

そこで、活動資金を得るためにクラウドファンディングを利用する運びとなりました。

もちろんヒッチハイクは継続で、できる限り活動費を抑えることは言うまでもありません。

日本一周の背景

日本一周の最終目的は、アスリートのセカンドキャリア問題の解決です。

ボクには、8歳の頃から本格的に野球をはじめ大学卒業まで続けていた経験があります。

これだけ長い間野球をしていると、現役生活終了後のセカンドキャリアに悩む友人の姿を目にしたり、人づてで苦労話を耳にすることが少なくありません。


この問題で特に深刻なのは、ずっと第一線で活躍していたにも関わらず、怪我や成績不振で引退に追い込まれた20代半ば以降の選手の先行き不透明さ。

若い段階(学生時代)で、野球で食べていけないことに気がついた選手は、キャリアシフトに時間を割くことができます。

でも、「野球バカ」が美化され"一意専心"を過剰に評価するここ日本は、野球一筋で生きてきた人間を散々肯定し続けたあげく、現役生活にピリオドが打たれた途端に奈落の底に突き落としてしまうのです。

企業視点で考えると、育てるには遅く即戦力としても採用できない人材は不要なので、そう簡単に就職できないんですよね。

これは当然、野球に限った話ではなくスポーツ界全体に言えることです。


それでも、セカンドキャリア支援と銘打ってアスリートの就職活動をサポートしてくれる企業は存在していて、彼らの多くはなんとか食いつなぐことができています。

ボクはこの就職支援に社会的意義を感じつつも、なんか気持ち悪いんです。

というのも、多くの人にとってこのキャリアチェンジは妥協でしかないじゃないですか?

客観的データを確認していないので断言はできないですけど、心から納得して就職した人の数は極めて少ないと思うんです。

そしてそもそも、セカンドキャリアについて支援してくれる会社の存在を知らなかったり、プライドが邪魔をして頼ることができず、路頭に迷っている人が一定数いることも事実です。


根本からセカンドキャリア問題を解決するためには、「自分の手で人生デザインができる人材」を育成できる教育システムの構築が必要だと考えています。

要は、既存の学校の在り方に疑いをもって、教員採用基準や授業内容やらをすべて見直していかないと、なかなか前に進まないでしょう。

f:id:kangon:20170815230536j:plain

残念ながら、今のボクに教育界全体を動かすことはできないです。

だから、とにかく学校(高校)を創りたいんです。

もしくは既存の学校の経営を引き受けたい。

ボクの理想の学校像をカタチにし結果を出すことで、教育界に一石を投じたいと考えています。


たびたびブログで言及していますけど、学校の授業や部活動は、「自分の頭で考える力」や「能動的に動く力」、「チャレンジングな姿勢」なんかを学べる環境であるべきです。

「言われたことをこなす力」や「足並みそろえて動く力」、「失敗しない心構え」なんかを刷り込むから、セカンドキャリアに悩むアスリートが減らないんですよ。


今の学校教育の方針は、みんながせーので会社に勤め、大量生産・大量販売で成長してきた発展途上国ニッポンのころからアップデートされていません。

モノで溢れた豊かな先進国である今、「失敗を恐れず主体的に動ける人材」が活躍できるんです。

教育の抜本的改革は、セカンドキャリア問題の解決だけでなく、日本の発展にもつながります。

f:id:kangon:20170815230619j:plain

とはいうものの、いきなり学校を作るなんて階段を飛ばしすぎていますよね。

城を落とすために外堀から攻めていこう。

賛同してくれる仲間を増やそう。

自分自身もっと力をつけよう。


そう考え、全国の野球強豪校の練習を手伝いながら、指導者の方々の教育方法やイマドキの高校生に直接触れて学ぶ経験を積みたくて日本一周をはじめました。

本を読んでもネットサーフィンしても何もはじまらない。

思い切って一次情報をとりにいくんです。


ざっくり1年かけて日本一周を終えた後は、どこかの高校の野球部に正式な"外部コーチ"として携わることを目標にしています。

日本一周での学びを教育現場で試したい。

ボクの考えをカタチにし、甲子園出場&全国制覇や起業家輩出を目指します。

実績を積み上げていくことができれば、説得力が増してよりたくさんの仲間が集ってくれるでしょう。


最終目的達成を目指して一歩ずつ進んでいきます。

さいごに

ボクの日本一周の目的や背景について、ご理解いただけましたか?

このプロジェクトは自己実現のファーストステップです。

ここでつまづいていたら話にならないので、思いっきり旗を振って声をあげています。


今回のクラウドファンディングでは「購入型」を採用します。

購入型とは、プロジェクトを支援することによって「リターン」として商品やサービスを受け取ることができるものです。


▼参考記事
rutty07.com


プロジェクト開始日は9月1日を予定しています。

準備期間中は定期的にブログで進捗報告していきます。


ボクの想いに共感してくださった方は、ぜひFacebookやTwitterなどで記事をシェアしていただけると嬉しいです!

人生一回、前のめりに挑戦していきます!