たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

母親のぬくもりだけは絶対に忘れたくない

スポンサーリンク
シェアする

こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


母親って偉大だなあと思います。

小さい頃から大切に育ててくれて、やりたいことは全部自由にさせてくれました。


たとえ世界中のみんなが敵に回ったとしても、ずっと味方でいてくれるんだろうな。

そんな絶対的な安心感があります。

母親だけは、身を粉にしてでもボクを守ってくれるでしょう。


そんな心とは裏腹に、素直にありがとうと言えなかったり反抗したりしてしまうことが時々あって。

心配してくれているだけなのにおせっかいだと罵ったり、気にかけてくれているのに過保護だと突っぱねる。

こんなに突き返しても突き返しても、ずっと笑顔でそばにいてくれる唯一無二の存在なのに。


ボクたちは、血が繋がっているだけあって切ろうにも切れない関係です。

でもいつか別れの時は訪れるし、それが明日の可能性だってある。

だからこそ、少しでもたくさんの楽しみや喜びを母親と一緒に味わっていきたい。


母親のために生きるわけではないです。

だけど、自分の人生は親がくれたものと考える謙虚さを大切にします。

母親のありがたみに気づいた寮生活


未来へ/kiroro


ボクは高校進学のタイミングで大阪から山形へ野球留学し、3年間の寮生活を経験しました。

毎日が不安で寂しい気持ちも募り、入寮後最初の一週間は毎日布団に潜って泣いていたんです。

今となってはいい思い出ですけど。


当時よく聴いていたのが『未来へ』という曲でした。

夢はいつも空高くあるから

届かなくて怖いね だけど追い続けるの

自分の物語だからこそ諦めたくない

不安になると手を握り

一緒に歩んできた


その優しを時には嫌がり

離れた母に素直になれず


母親は毎日のように連絡をくれていたのに、うまくコミュニケーションが取れなくて。

本当はすごく励まされていたんですけどね。


自分の心境と歌詞がぴったりと合って、必要以上に聴いては泣いていました。笑

我が子を想う母親の気持ち


夏川りみ /童神 ~ヤマトグチ~


命がけで産んだ子を想う母親の気持ちをストレートに描いた曲です。

ボクはこの曲を聴くと、育ててくれた母親の存在を思い出します。

今は大阪と東京で離れた位置に住んでいますが、ちょっと声を聴こうかなと電話をするきっかけになることがあるんです。


大人になった今でも愛情表現が苦手なボクですが、電話一本で母親の力になれているみたいです。

でもなんやかんや、そういう時はボクの方がストレスを抱えていたりします。

無意識的に心の安らぎを求めているのでしょう。


やっぱりボクはいつまでも母の子です。