たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

【読書論】本を読むときに押さえておきたい3つのポイント

スポンサーリンク
シェアする

こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


本を読むことで人生を変えるキッカケを創ることができます。

これは間違いないです。


どんな人でも、人に相談した経験がありますよね。

「こう考えたんだけど、どう思う〜?」

「こういう時って、どう動く〜?」

相談というのは、自分の考えへの同意と、自分には見えない別の視点からの意見を欲していることの裏返しです。


これ、本でもできるじゃないですか。

なかなか会うことのできない、それなりの知名度や社会的信用のある方に相談できるチャンスが本にはあるんですよ。


ただ、漠然と読むだけでは意味がありません。


今日は、時間とお金の浪費にならないように、本を読むときに押さえておきたい3つのポイントをお伝えしたいと思います。

読書ライフのさらなる充実や、読書に関心をもつキッカケになれば幸いです。

①内的コミュニケーションを大切にしよう

日々何も考えずぼーっと過ごしている人が多いですけど、普段から自分自身と会話をしましょう。


ボクにとって本は、自分の価値観の肯定と、新しい価値観の吸収を目的に読むものです。

本を読まない人は、内的コミュニケーションが欠如している可能性があります。

自分のことを理解できていないとそもそも価値観が曖昧です。

だから、本を読みたいと思わないんですよね。


最幸の人生を送るためには、「自分にとっての幸せは何か」を把握することがスタートです。

まず自分自身と会話して自分の頭で考えてみる。

本は補助ツールの一つにすぎないのですから。

②読んで感じて考えたことをメモしよう

自分としっかり向き合うことで初めて、読みたい本が定まります。

その時はきっと、目的が明確になっていることでしょう。

本を読む準備ができた状態ですね。


いざ読み進めてみると、いろいろと感じることがあります。

都度メモアプリで書き留めてください!


人間は本の内容の1割も覚えることができません。

読んでそのときに感じたことは、時間が経つと忘れてしまいます。

そうすると全く読んだ意味がないですよね。

(むしろ読んだとは言えないんじゃないか。。。)


せっかく大切な時間とお金を投資して読んだのだから、自分の肥やしにしていかないと。


メモを取る上で注意点があって。

本に書かれている内容のコピー&ペーストではなくて、何を感じどう考えたのかを記録しましょう。

頭を使わず、大事なところに線を引くだけだったら学校の教科書授業と同じです。

③アウトプットしよう

読んで満足しているだけではもったいないです。

結局、ほとんどの人は行動に移さないんですよね。

だから本を読んでも意味がないって馬鹿にされるんですよ。

実践して初めて本を読んだと言えるのです。

実践するからこそ現実を変えていくことができます。


また、自分が読んだ本をどんどん友達に勧めてみてください。

本の魅力を伝えるためには頭の整理が必要です。

このプロセスを通過することで、より自分の価値観を明確化できます。


前述した通り、本は最幸の人生を送るための手段の一つです。

道具は正しく使い、最大限の効果を発揮させましょう。

最後に

ボクは本を読むことがだいすきなので、少しでもたくさんの人にその魅力を伝えたいんです。

本は、読み方に工夫を加えることで目の前の人生を変えていく強力な武器になり得ます。

本エントリが誰かの楽しい読書ライフにつながれば本望です。


ボクのブログでは、たまーに本を紹介することがありますので興味のある方は覗いてみてくださいね。


最後までお付き合いいただきありがとうございました。


▼書籍関連記事

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net