たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

自分を大切にすることが素敵な人間関係を築くんです。

スポンサーリンク
シェアする

f:id:kangon:20170208114539p:plain


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


人間が一人で生きていくことは不可能なので、周囲との関わり方はすごく大切だと思っていて。

どうせなら、素敵な人間関係を築きたいじゃないですか。


今日は、「信頼を得る方法」に焦点を当てつつ、人との良好な関わり方について綴っていきたいと思います。


信頼を得る方法

他者から信頼されるためには、いかに相手のことを大切にできるかが大きなポイントです。


相手を大切にできる人は、何より自分のことを大切にしています。


だから、相手に信頼してほしいならまず自分のことを大切にしようよってことがボクの言いたいことです。


自分を粗末にする人は相手を大切にできないんですよ。

自分自身をいい加減に扱っていると、そもそも大切にすることの本質を理解できないんですから。


自分を大切にしている人の共通点

これまで関わってきた人の中で、信頼できると感じる人には2つの共通点がありました。

  • 時間を大切にする
  • モノを大切にする


この心がけが、結果的に他者を大切にすることにつながり素敵な人間関係を築く要因になります。


時間を大切にする

時間を大切にしている人は、相手の時間を奪うことはありません。

総じて、質問や確認の連絡に対して返事が早いんです。


例えば飲み会を企画した時にその差は生まれます。

いつまでたっても出欠の連絡がこない人っているじゃないですか?

幹事を経験したことがある人はわかると思いますけど、正直めんどくさいでしょ対応が。

いちいち確認連絡を送らないといけないですからね。

そして中には、それに対しても返事をよこさない人がいて。


一方信頼できる人は、やっぱり返事が早いんですよ。

自分自身が時間を大切にしているがゆえ、時間を奪うことに強い抵抗がありますから。


また、時間を大切にしている人は常に約束の時間に現われます。

時間はお金と違って有限ってことに気づいているので、人を待たせることに罪悪感が芽生えるんですよ。


とはいえ遅刻してしまうこともそれはそれであって。

その場合は、事前に遅刻する旨を伝えたり一言謝罪すれば済む話です。


でも、時間を大切にしない人は何食わぬ顔で遅刻してきますからね。

あの無神経さには心底呆れます。


他者の時間を奪う人間は距離を置かれてしまいますよ。


モノを大切にする

人とのモノの貸し借りでトラブルになった経験はないですか?


ボクは過去に、貸したCDのパッケージが割れて返ってきたことがありました。

自分のモノを大切にしない人は、相手のモノを粗末に扱います。


CD1枚割られたくらいで.....と感じる人もいると思いますけど、こういう些細な行動の積み重ねが信頼を失う原因になるんですよ。


街に出かけると靴を踏んでも謝らない人がいっぱいいますよね?

それが信じられなくて。


自分の靴を大切に磨いている人は、靴を踏まれる不快さが理解できます。

だから、誤って誰かの靴を踏んでしまったら一言謝罪すると思うんです。


でも実際は、この一言が口から出ない人が世の中にはいっぱい存在します。


相手のことを大切にしたいと思うなら、まずは自分自身や自分の身の回りのモノを大切にしましょう。


最後に

お伝えしたかったのは、良好な人間関係を構築するためには「いかに相手を大切にできるか」がポイントだということです。

そしてそれは、自分を大切にすることで自ずとできるようになります。

  • 時間を大切にする
  • モノを大切にする


特別なスキルなんか必要なくて、心がけの問題です。


どうせ嫌でも人と関わることは避けられないんだから、少しでも気持ちの良い人間関係を築いていきましょう!


最後までお付き合いいただきありがとうございました。


▼合わせて読んでほしい
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net