たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

ボクが文章を書く3つの理由

スポンサーリンク
シェアする

f:id:kangon:20170118021743p:plain


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


今日は、ボクがブログを立ち上げることになった経緯について綴っていきたいと思います。

理由は色々あるんですけど基本的には思いつきで、気がついたら書き始めていたって感じですが。

発信することがすきだから

一番はこれですよね。

そう、発信することがすきなんです。


思い返せば小さい頃から、何かと周りに対して働きかけることが多かったです。

中学時代は複数の先生から生徒会長をお願いされる程、みんなの輪の中心に存在するタイプの生徒でした。

所属していた野球チームでも、常に引っ張っていく立場だったんですけどそれが楽しかったんですよね。


社会に出た今でもその性格は変わらず、自分の働いている職場環境を変革したくて、本来業務以外でいろんな人を巻き込みながら新しい取り組みを形にしています。

ボクのわがままに付き合ってくれているみなさんにはこの場を借りて御礼申し上げます。(きっと誰も見ていない)


要は、自分の考えや想いを周囲の人の感情に訴えかけていくことが快感なんです。

セルフブランディングのため

これからの世の中、個人がメディア化していく文化がますます浸透していくこと間違いないでしょう。

実際すでに、ユーチューバーと呼ばれる人やインスタグラム等のSNSを利用して稼ぐ人はたくさんいますし。


今更ブログを始めても乗り遅れている感は否めないですが、まだこの分野でも勝ち目があると踏んでいます。

あと1年遅かったら手遅れな気がしますが。


周囲の人を惹きつける力さえ備えれば、食いっぱぐれることはないと思うんですよね。

もちろんそのためにはそれ相応の価値が必要なんですが、それは文章を書きながら身につけていければいいかなと。


準備してからなんて言ってたら、人生終わってしまいそうなんでどんどん発信していきます。

自分の人生を刻みたいから

ボクは日記が続かないタイプなんです。

野球ノートをつけていた時期もありましたが続きませんでしたね。


なんですけど、自分の人生のログを刻みたいんですよ。

刻む意識があるだけで、一瞬一瞬を無駄にしない気がして。


アウトプットの総量はインプットの質を高めると信じているので。


不特定多数の人に読まれる可能性のあるブログで、「誰かにこの想いを届けたい!」という気持ちをもつことができれば、日記が続かなかったボクにでもなんだができる気がするーーー。

最後に

結局は目立ちたいんです。

もっともらしい理由を並べてみましたが、承認欲求を満たしたいんですよきっと。

そりゃあそうですよ、にんげんだもの。。。

明日からは、もう少しまともな記事を書きます。(多分)


最後までお付き合いいただきありがとうございました。


▼注目記事
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net