たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

コブクロの『夢唄』を聴いて、弱い自分とはおさらばだ。

スポンサーリンク
シェアする

こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


今日はどうしても伝えたい唄があって、仕事終わりで眠たい目をこすりながらもパソコンのキーボードをカチカチ叩いています。


みなさんコブクロのことはご存知ですよね?

日本でコブクロのことを知らない人はほとんどいないでしょうけど、これから紹介する曲を知っている人は国民全体の5%もいかないかと。


なんでかって、

インディーズ時代の唄だから!


目標があるんだけど道半ばで挫折しそうになっているそこのあなた!

過去に夢をあきらめた経験があってずっと吹っ切れないそこのあなた!

聴いたら生き返りますよマジで。

『夢唄』


夢唄(LIVE TOUR '04 MUSIC MAN SHIP )


ボクはかれこれ千回以上繰り返し聴いています。

小渕さんの歌詞はなんでこんなに共感できるんでしょう。

子供の頃に夢見た自分を 今でも心に抱き続けてる


その喜びと現実とのちがいに 時々負けそうになっていた


岩をも貫く君の 強いその想いは今


紙切れさえ破れずに 弱い大人になってく


ネガティブな時って紙切れさえ破れないほど信念がぶれぶれなんですよね。

そりゃ誰だって心が折れそうなことはありますよ。

人間はとっても弱い生き物なんですから。

だましだまし生きる人生はもう嫌だ


※夢唄を収録したインディーズ時代の超貴重なアルバムです


日本人は、大人になるにつれて現実を直視しはじめます。

どんなにやりたいことがあっても途中であきらめてしまうんです。

人をだます事は罪な事で つぐないは罰として受けるけど


自分で自分をだましてもなぜか 誰からも罰は受けない


罰を受けないからといって、自分の心に嘘をつく人間が周りの人を幸せにすることはできません。

ボクは、自分の家族をはじめ大切な人を幸せするためにも自分の心に素直になろうと決心しました。

最後に

夢が現実になるとは限らないけど、夢を現実にしている人は最後まであきらめなかった人です。

夢をかなえる一番の方法 君に教えよう


それはかなうまでやり続ける事 自分を信じて


人生いろいろあるけど、何回転んでも起き上がればいいんです。

失敗したらやり方を変えればいいんですよ。


どうせ死ぬんだから、擦り傷くらいにビビるのはもうやめよう!



▼合わせて読みたい
www.ka-ngo.net