たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

ブロガーたっけが語る「収集・内省・没頭」の大切さをアナタに知ってほしい

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


友人のたっけ(@takeee814)が電子書籍を出版しました!パチパチ

自分のことのように嬉しくて、即購入&読了。

普段ネット記事を読んでいるような感覚で、スラスラと読み進められました。

わずか280円なのでコスパ高いですよ。


楽しい大学生活の作り方
(2017-08-14)
売り上げランキング: 595


やりたいことが見つからない大学生に向けて、たっけの実体験エピソードを交えながら「収集・内省・没頭」の3ステップの大切さについて、丁寧かつわかりやすく説明してくれています。

ボクも敷かれたレールの上を歩いていた時期があったんですけど、現在に至るまで「収集・内省・没頭」サイクルを繰り返してきました。


この3ステップは、仕事や上司の愚痴をこぼすばかりのイケてない社会人が現状を打破するヒントにもなります。

そもそものお話

オギャーっとこの世に生まれてから、やりたいことが見つからない人間なんていません。

砂場でお城を作ったり、お人形さんごっこをしたり、迷子になるくらい町中を探検したり。

小さいころは、いろんな遊びに夢中になっていましたよね。


しかし今の日本では、この遊び心を保つことがとても難しいです。

オトナになるにつれ夢を否定され、協調性を強いられ、偏差値の高い人間が評価され、どこの会社に所属しているかでほぼ人生が決まると刷り込まれていきます。

すきなことに夢中になって組織に属することを拒んでいると、一定の成果を出すまではクレジットカードを作れないし、家を借りることだってできない。

肩身の狭い思いをするくらいだったら、周りと同じ道を選ぼうと考えてしまうものです。


そうして、自分の興味の矛先を見失います。

何がすきで何が嫌いかわからないんです。


だからまずは、「他人と同じ道を歩む必要はないんだ」と考えを改めることからはじめましょう。

敷かれたレールの上を進むことは、別に間違いじゃないけど、正しくもないんですから。

①収集

ボクの収集方法は、「本を読むこと」と「人と会うこと」に尽きます。

むさぼるように本を読み漁り、損得考えずにいろんな人と会って話をしました。


収集とは、多様な価値観に触れ、あらゆる経験を積み重ねていくことです。

友人に勧めてもらった本は、アマゾン経由で即購入して感想を伝えてください。

うさんくさいイベントでもいいから、とにかく参加してみてください。

ちょっとでも興味を抱いたコト・モノ・ヒトにお金を使ってみましょう。

②内省

収集の次は内省です。

内省とは、自分と対話をしてすきなことや成し遂げたいこと、大切にしたい価値観なんかをハッキリさせることです。


ここでの理想は、欲求の本質を知ること。

将棋がすき、旅がすき、モノ書きがすき、カメラがすき、これだけだと浅いです。

自分がやりたいことやすきなことに隠れる欲求の本質に気づいたら勝ち。

モテたい、目立ちたい、お金もちになりたい、なんでもいいですよ。


ちなみにボクは、自分の心からやりたいことに夢中な生き様を通して、周囲の人生を良い方向に変えるキッカケを創ることで、「お前のおかげで人生変わった!勇気をもってチャレンジできた!ありがとう!」って言われたいです。

ボクにとって、歌をうたうことやアスリートのセカンドキャリア問題の解決を目指すことは、その欲求を満たす手段に過ぎません。

コンパスがあれば、やりたいことが変わってもフラついている感覚に陥ることはないので悩まないでしょう。


自分の欲求を知っておくことは、それだけ大切なことなんですよ。

③没頭

内省の次は没頭です。

やりたいことや成し遂げたいことが明確になったら、あとは夢中になるだけ。

というか、自然と夢中になっていることが本来あるべき姿ですけどね。


楽しかったら続けられるし、積極的に活動内容を発信していると、インターネットを通じて応援してくれる人が増えある程度の収入や自己実現につながっていきます。

これはボクが身をもって感じていることです。


飽きたらまた収集に戻ればいい。

途中で投げ出すことに罪悪感を感じる必要はまったくないですからね。

さいごに

本書には、たっけと江澤さんの対談も収録されていました。

おもしろいなと感じた部分を抜粋しますね。

不安かどうかは相対的なものじゃないですか 。自分と周りを比較して不安かどうかを決めるじゃないですか 。もし 、この宇宙に自分しかいない世の中を考えてみてほしいのですが 、絶対に不安にはならないんですよね 。周りには誰もいないわけですから 。今 、自分がやってることだけが正解なわけじゃないですか 。周りと比較してるんですよね 。あいつがこっちに言ってるから俺もこっちという風になってるんですよ 。ちなみにこれをアッシュの同調圧力というんですけど 、同調圧力にかかっちゃう人がいるんですよね 。

自分の人生は、他人と比較して優劣をつけるものではありません。

自分がどうしたいか、どう在りたいかをきちんと理解し、実現に向けて動けばいいんです。

そんな人生、おもしろいに決まってる。


たっけにとって、没頭できることはブログだったようです。

2年間毎日更新を続けることで発信力を身につけ、近々セブ島に1ヶ月無料で留学するんだって。スゴイよね。


関連記事:20万円相当のセブ留学が無料に。なぜなら俺は「ブロガー」だから | たっけのメモ


たっけは映画づくりにもハマっていて、日々映像の勉強をしたり脚本を書いたりしています。

今後の制作物に期待大!これからも応援してるよ!