たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

為末さんの言葉「やりたいことを語れないのは悪いことじゃない」は名言だ

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


ボクは日々「やりたいことやろうよ!」と叫び続けていますが、決してやりたいことがない人生は悪という考えはもっていません。

自由にはそれなりに責任が伴うし。


ただ、やりたいことが明確でそれに向かって全力で帆を漕ぐ方が人生おもしろいでしょってのがボクの考えです。


やりたいことが見つからなくて、もがいている人がたくさんいるじゃないですか?

ちょっと元気になる記事を書いたんで最後まで読んでほしいです。

為末さんの言葉に救われた

社会人2年目の頃、この先の人生どうしようかと迷っている時に読んだ文章を共有します。


仕事で「やりたいこと」がないのは悪いことでしょうか


当時ボクは、自分の人生に納得感をもてなくて毎日悩んでいました。

そんな時「やりたいことを語れないのは悪いことじゃない」という為末さんの考え方に救われた記憶があります。


そもそもね、やりたいことが見つからないと悩めること自体がとても恵まれている証なんです。


世界を見渡せば貧困にあえぐ国が山ほどあります。

危険をかえりみず、その日を生き抜くために職を選べずに働く子どもたちがたくさんいるんですから。

カンボジアのスモークタウン

f:id:kangon:20170309230840j:plain
引用元


例えばカンボジアには、スモークタウンと呼ばれるゴミの山があります。

有害物質が蔓延する中、子どもたちはそのゴミ山から必死にペットボトルを探し出すんです。

1日働いて200円。

それでも働く理由はそれしか選択肢がないから。


子どもたちは決して罰を受けているわけじゃないです。

たまたまその場所で生を授かっただけなんですよ。


そう考えると、「仕事を選ぶことができる環境で暮らしていること」自体がとても恵まれている環境だと思いませんか?

やりたいことがなくても死にやしないよ

f:id:kangon:20170309231107j:plain

ボクらって正直、ぼーっとしてたって生きていけますよね。

日本で生まれた時点で「人生勝ち」みたいなとこありますから。

油断してると銃で頭を打ち抜かれるような環境にいるわけじゃないし。


だから、やりたいことがない人生をそんなに悲観しなくていいんじゃないかな。

少し視野を広げて世界を見渡せば、日本みたいな過ごしやすい国はそうないでしょ。

最後に

それでも人生一回だし、やりたいことを探し求め苦しむ人もいるでしょう。

そんなあなたに元気が出る本を紹介します。


日本で初めてゲームオタクを仕事にした超ストイックなプロゲーマー梅原大吾さんと、外資系コンサルでバリバリ働きながらも早期リタイアし、現在はゆる〜く活動しているちきりんさんの両極端な考え方に触れられる名著。

お二人の対談が一冊になった本著は、対談本の中でもダントツで質が高いです。


特に印象に残っているのが「悩んで動いてもがき続けるからこそ、何もやりたいことがない人生に納得感をもてる」と記されていた部分。


悩み抜いた先が「やりたいことが見つからなかった人生」だったとしても、そんな人生を許せる時が来るはず。

だから、途中で諦めずに行動し続けようと前向きな気持ちになれました。


まわり道あっての人生です。

ちょっと疲れている人は、一度休憩してまた歩き出せばいいんですよ。



▼おすすめ記事
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net