たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

ヒッチハイク絶好調!2秒で酒田南高校に到着

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


5月7日の日曜日、ヒッチハイク2日目のスタートです。

前日は夕方に大阪を出発したにもかかわらず、石川県の徳光ICまで来ることができました。

雨が降っていたからといって出発をしぶっていたら、初日から野宿する羽目になってしまった。

▼関連記事
www.ka-ngo.net


ああ、体が痛い。。。

寝付けるわけもなく朝の6時から動きはじめました。

大阪から山形まで行く方法

今回は山形県酒田市が目的地です。

大阪から出発するなら、東京経由 or 北陸経由と2通りの行き方があります。

東京経由だと交通量が多いので、ヒッチハイクの成功確率は高いけど遠回り。

北陸経由だと交通量が少ないので難易度が高いけど、最短。

幸いGWということもあって、通常よりも交通量が多いと踏んで北陸経由の最短ゴールを目指しました。


実は新潟県以降、高速道路がなくてずっと一般道を走ることになるんです。

なので、高速道路が終わってしまう前の大きなICまで乗せてもらい、その次で一気に酒田まで向かうことが必須。


そこで、東北地方を目指す大型トラックに狙いを定めました。

新潟の大きなICまで連れていってもらうのはもちろん、あわよくば酒田まで行きたい!

トラック野郎との出会い

目の前に「青森ナンバー」のトラックが。

ほんまにお願い。

ボク野宿したから、寒いの我慢したから、朝起きて手洗いうがいしたから、鏡の前で笑顔の練習したから。


勇気を振り絞り、窓コンコン。


「おはようこざいますー、完伍です!日本全国の高校球児たちに野球を教える旅をしています。これから山形県の酒田南高校まで行きたいんですけど、乗せてもらうことできませんか?」

「助手席荷物いっぱいやから無理やわー、ごめんな。」


ショック。朝6時の風冷たすぎ

うなだれ隣のトラックに目をやると、なんと「いわきナンバー」。

一気に山形は無理やけど、福島行きやろうから途中の大きなICまでは寄ってくれるはず!

運転席を覗くと、強面のおっちゃんが座っていました。


もう顔面なんて関係ないない。

とりあえず新潟の大きなICまで行きたいねん。

お願いおっちゃん!


「はじめまして、完伍です!日本全国の高校・・・」

「乗れや」


うし!うし!!うしうしっっっっ!

声かけて2人目で乗れたんはでかい!

空見たら雲一つない!視界良好!

さいこうっ!


f:id:kangon:20170509115421j:plain

にしてもおっちゃん、トラックの中を自分の部屋のように使いすぎちゃうか?

強面のおっちゃんの生態に迫る


車内のBGMは常にアニソンでした。

昭和の歌謡曲を、アニソン歌手がカバーしてました。シブかったです


強面のおっちゃんは、菅原文太さん主演の『トラック野郎』という映画に魅了され、長距離トラックの運転手になったそう。


【デコトラ】バブル期のトラック野郎たち


動画を観るとわかるように、人気に火がつきすぎて完全に社会現象化していますね。

黒埼ICで次のステップへ

f:id:kangon:20170509115615j:plain

トラック野郎のおっちゃんとはここでお別れ。(AM10時半)

道中何度もICによっては飲み物をくれました。

シャケのおにぎりも美味しかった。

ありがとう、おっちゃん!


さて、ここまできたら後は一気にゴールを目指すしかない。

下道で途中下車してゴールを目指すのはちと厳しい。


ボクは「秋田ナンバー」と「庄内ナンバー」に集中して、辺りに目を配っていました。

秋田の親子との出会い

2組目に声をかけたところで快諾を得ました。

実家の埼玉に里帰りしていた、秋田県在住のお母さんと娘さんです。


女性2人組だったから断られると思ったけど、1人じゃなかったからか快く乗せてくれました。

しかも学校まで送ってくれるって。

ほんまにありがたい!

乗せてくれる人には感謝ですけど、トントン拍子すぎて普通の旅になりつつあります。笑


最近の女子高生の間では、「ルーズソックスブーム」が再燃しているらしく。

機会があれば履いてみたいと思います。

酒田南高校到着

f:id:kangon:20170509115701j:plain

本当に学校まで送ってくれました。

記念写真撮ったけど、残念ながらブログにはアップできず。

気さくに会話に付き合ってくれる、心優しい親子さんでした!


ということで、5月6日の夕方に大阪を出発したヒッチハイクの旅は、5月7日の15時にゴールを迎えました。

出会った皆さんとはまたどこかでお会いできると信じています。


さて、酒田ではどこに滞在しようか。。。



▼関連記事
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net