たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

とりあえず最初の3年間働く人って必ず3年間恋人と付き合うんですか?

スポンサーリンク
シェアする

f:id:kangon:20170403122247j:plain


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


自分には合わないと判断し、会社を辞めると決断することは勇気のいることです。

それはおそらく「一つの物事を我慢強く続けること」が日本人の美徳とされているからでしょう。


もちろん、我慢しながらコツコツ続けることで仕事のやりがいに気付くこともあります。

しかし一方で、我慢の末やりがいを見出せないこともあるんですよね。


肝に命じておきたいのは、我慢の過程で心身ともに不健康になってしまったら元も子もないということです。

だから、「これ以上続けたくない」とか「続ける意味を見出せない」と感じるのであれば、自分の気持ちに正直になり「断つ勇気」をもちましょう。

最初の3年不要論

世間で謳われている「最初の3年は働け」という風潮なんて気にする必要ありません。


大人たちはみんな、とりあえず3年間は続けてみろといいます。

なぜ生まれ育ってきた環境が違う一人ひとりを束にし、「最初の3年間の必要性」を全員に押し付けるのか。


そんなもの、どっかの誰かが勝手に言い出して頭を使わない人たちが鵜呑みにし、伝染病のように広まっただけであって正しいことでもなんでもないですよ。


続ける期間は自分自身で設定すれば良いんです。

大切なのは「納得感をもって生きること」ですから。

会社と恋人の選び方は同じ

そもそも、最初に就く職業が天職と思える確率は極めて低いです。

それは、初めて付き合った人と結婚するなんてごく稀である恋愛と同じだと思っていて。


恋愛だったら、自分に合わない人とは離れ新たな恋に進むを繰り返すことで、「どんな人と一緒にいたいのかを明確にしていく過程」を経験しているじゃないですか。

恋愛の場合も必ず3年間は付き合ってみるんですか?

そんな人はいないでしょ。


むしろ、違うと思ったらサッと別れて次の恋に進むことで「一緒に居たい理想の人物像」を徐々にはっきりさせることができるんです。

同じ人と我慢して付き合っていても先には進めないですから。


会社選びとパートナー選びは同じですよ。

最後に

就職活動を経て入社した新入社員のみなさんには是非、実際に働いてみて感じる違和感を大切にしてほしいです。


「この会社じゃない」という感覚が麻痺してしまう前に、より生き生きと働ける環境を追い求めましょう。

日本だけでみても星の数ほど会社はあるし、地方に行けば人手が足りていない仕事が多く埋もれています。


普段は気が張っているから気がつかないけど、我慢を続けているとストレスがどんどん溜まるんですよね。

毎週月曜日の朝が憂鬱だったり、華金のために働いている人は今の自分の仕事を見つめ直し、これから先長い人生納得感をもって生きていくために「辛いことから逃げる戦略」を実践していきましょう。



▼合わせて読みたい
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net