たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

旗を立てたなら、腕がちぎれるくらい振り続けろ

スポンサーリンク
シェアする


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


ボクはこれまでの人生、「極端さ」にこだわって生きてきました。

▼関連記事
www.ka-ngo.net


理由はただ一つ。

極端な人間には「濃い仲間が集まるから」です。


人間って一人で生きていくことはできないじゃないですか。

目標を達成するためには仲間の協力が必要不可欠でしょ。


だったら、とことん極端に行動していこうよ。

旗を立てるだけじゃダメ

「ボクこんなことやりたいんです!」って宣言するだけして全然行動しない人がいるでしょ。

あーもったいないな、って思いません?


堂々と夢を語ることって誰にでもできることじゃない。

だから「旗を立てること」はとても素敵なことです。


でも、立てた旗を目一杯振ることを忘れてはならんのですよ。

だって旗を立てたくらいじゃ誰も気づかないですもん。

立てた旗を、振れ

ボクは現在、歌手としても活動しています。

▼関連記事
www.ka-ngo.net


先日ブログを通して、歌手としても活動していくことを宣言したんですけど、これだけじゃ「あっそ」って感じなんですよ。

よほど日頃から親交の深い友人だったら、積極的に応援してくれるかもしれないけど。


基本的に人間って、自分以外の人に興味のない生き物なんです。

それを踏まえた上で、じゃあどうやって仲間を増やしていくか。

ボクは、極端に行動することに尽きると考えています。


だからまず最初に、歌手としての具体的な活動内容を記事にしてブログで発信し、フェイスブックやツイッターで拡散しました。(旗を立てました)

そして、毎日活動を継続しつつ知り合い一人ひとりに連絡を取り、自身の活動内容を伝えていきました。(旗を振りました)


旗を立てただけじゃそいつの本気度は伝わりません。

だけど、目一杯旗を振れば人の目にとまります。

その旗の振り方が、極端であればあるほど「濃い仲間」が集まるんですよ。

最後に

図々しいくらいが丁度いいんです。

成し遂げたい何かがある人は、まずとっとと旗を立ててください。

そして全力で旗を振り続けましょう。


旗の振り幅があなたの本気度です。

ボクは今日も明日も、腕がちぎれるくらい旗を振り続けます。



▼合わせて読みたい
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net