たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

WBC2017代表の小林誠司が実践している大舞台で結果を出すための小さな心がけ

スポンサーリンク
シェアする

f:id:kangon:20170316112914j:plain
引用元


こんにちは、完伍(@kangohayashi)です!


今年のWBCで、二次ラウンドまで毎試合結果を残し、キーマンとして注目されている巨人の小林誠司さん。


周囲からラッキーボーイともてはやされている彼ですが、活躍の裏には「日常生活の小さな心がけ」が絶対あるんですよ。

そりゃ日本中が注目するこれだけの大舞台で、誰もが驚く程の力を発揮するんだから。


と思ってたら、Twitterのタイムラインにエモい記事が流れてきました。

侍ジャパンのキーマン・小林 大舞台で生きた「あの夏」の教訓

ぜひ読んでみてください。

小さな心がけ

「心に余裕がある時だけやで」とスリッパを並べる些細な心がけ。

素敵だなと感じました。


「無造作に並んだスリッパを整える」というちょっとした周囲への気配りが、見方投手の心理を読み適切なタイミングでマウンドに駆け寄る気遣いにつながる。

普段から心のゆとりを意識しているから、プレイ中にも心の余裕が生まれる。


ここぞの勝負所で結果を出す人はみんな、日常生活に小さな心がけをいくつかもっていると思います。

プライベートと仕事はつながる

高校時代、野球部の監督さんが繰り返しおっしゃっていた言葉があります。

「私生活がちゃらんぽらんな奴はグラウンドで結果が出ない。」


これはまさにそうで、例えばプレゼン準備が中途半端な売れない営業マンは、プライベート旅行の準備も中途半端で忘れ物が多いでしょう。

いつも慌ただしく仕事に取り組む人は、普段の私生活からバタバタしています。

デスク周りやロッカーの整理整頓ができない人の部屋は間違いなく汚いです。


人間の習慣や思考の癖は、仕事の場面で無意識のうちに表れてしまうものなんです。

仕事で結果を出したいのなら、まずは生活習慣を見直してみましょう。

最後に

繰り返しますが、日常生活の小さな心がけは必ず仕事につながります。

ボクはそれを、野球人生でたくさん経験してきましたから。


今回の小林誠司さんの活躍は、小さな心がけの大切さを再認識させてくれました。

決勝ラウンドでも大いに暴れ、日本を優勝に導きベストナイン(個人賞)に輝いていくれると信じています!



▼合わせて読みたい
www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net

www.ka-ngo.net