たびろぐ-Life is Art

ココロうごかす、震源地

読んだその日から行動しはじめるキッカケを創ります。

「TOEICとは何か」についてこれから勉強を始める人に伝えたい

スポンサーリンク
シェアする

f:id:kangon:20170215220002p:plain


こんにちは、ちゃっかりTOEIC885点取得者の完伍(@kangohayashi)です!


15年間続けた野球を断ったボクはかつて、新たな目的のためにTOEIC学習を続けていました。

現在は、基礎力を身につけるという目標の達成と、そもそも目的が変わったことが重なり全く手をつけていませんが、一時期アホほど向き合っていたんです。

ふと、そんな経験が誰かの有益な情報になればなと考えました。


ボクのブログは雑記ですが、今後英語関連(主にTOEIC)についても執筆機会を増やしていきたいと思います。


早速ですが、今日はこれからTOEICの勉強を始めようと考えている方向けに文章を書きました。

TOEICを学習する目的は人それぞれだと思いますが、なんとなく始めようと思っている方もいるかもしれません。

趣味なら趣味でいいんですけど、どうせなら限りある時間を有効に使ってほしいんです。


本エントリを通して、TOEICに対する理解のズレを修正していただければ幸いです。

TOEICとは?

TOEIC(トーイック)とはTest of English for International Communicationの略称で、英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。


引用:http://www.toeic.or.jp/toeic/about/what.html


2時間で200問を解かないといけない990点満点のハードなテストです。

めっちゃゴリゴリです。

  • どれだけ英語を聴いて正しく理解できるか
  • どれだけ英語を読んで正しく理解できるか


測る技能は2つに絞られています。

TOEICの社会的価値は?

TOEICで高得点を取っていると、いいことがたくさんあります。

  • 就職活動に有利
  • 会社の昇級に繋がる
  • 会社から奨励金をもらえる
  • 海外勤務の切符が掴みやすくなる
  • 周りからすごい人だと勘違いしてもらえる


ただ、決して忘れてはいけないことがあります。

それは日本だから高評価されるということです。


日本企業はなぜかTOEICの点数が英語力に直結すると判断します。


f:id:kangon:20170215221253p:plain

f:id:kangon:20170215221306p:plain
引用:http://www.toeic.or.jp/toeic/about/result.html


でもぶっちゃけこれは大きな間違いで。


だってボク、885点取ってるけど話せないですもん。

日常会話すらおぼつかない。


英語力とは、英語というツールを使って円滑に言葉のキャッチボールを交わす力だと思っていて。

そもそもTOEICでは、聴いたり読んだりする力しか必要とされません。

話したり書いたりするアウトプット力は不要なのです。


これだといくら難しいボールを捕れても全く投げ返すことができないんですよね。

なので、TOEICスコアを重きに置く考え方に疑問を感じずにはいられません。


世界のトヨタですら、社員の海外赴任の条件の一つにTOEICスコアが含まれていますからね。


当然、いくらTOEICスコアの条件を満たして海外に赴任しても、英語でコミュニケーションをとることは不可能です。

企業は英語を使える即戦力を海外に送るのか。

それとも海外赴任で英語力を培った人材を適所に配置し生かすのか。


残念ながら、どちらも体現できていない企業がほとんどでしょう。


海外赴任は長期バカンスじゃないんだけど。

なんのために受験するのか?

TOEICで高いスコアを取得することで話せるようになる勘違いは払拭できたかと思います。


それを踏まえた上で、


とにかく海外赴任の切符を勝ち取りたいんだ!

出世したいからとりあえず基準クリアする

周りからチヤホヤされたいんだよう


そう思うなら高得点目指してトライしてください。


ちなみにボクには理由が2つありました。


1つ目は、自分が所属している会社で海外赴任を経験したかったからです。

やはりボクの勤め先でも、TOEICスコアは海外赴任希望者をふるいにかける指標の一つです。

厳しい社内選考を勝ち抜くためにどうしても必要なんですよね。


まだ入社3年目なので、職務期間という壁が原因で海外赴任を応募したことはなかったですが、入社前からグローバルに活躍することを希望していたため大手外資系企業を担当する部署に着任することができています。

これは紛れもなく、想いに根拠(TOEICのスコア)が伴った結果です。


2つ目は、「ビジネスシーンで通用する英語力を身につける」という目標に向けて、良い基礎づくりになると判断したからです。

TOEICで必要なのはビジネス英語です。

アカデミックな単語は出題されません。


つまり、ビジネスで使える英語を学びたかった私には有効な学習内容だったのです。

日常会話ができるようになり海外旅行をもっと楽しみたいという人には、TOEICが最適とは限りませんよね。


だからこそ、目的を明確にした上で、達成手段はTOEIC学習が最適かどうかを判断してください。

最後に

TOEICに対する意識のズレは修正されましたか?

また、目的にブレがあると感じた方はもう一度よく考えてみてください。


次回からはオススメの教材や学習方法についてまとめたいと思います。(いつになるのやら)


最後までお付き合いいただきありがとうございました。